2148802_s.jpg

10倍稼げる演奏家への道

仕事を増やすための

5つのステップ

愛され演奏家メソッド

演奏家は稼げないと思っていませんか?

あなたは演奏で稼げないと思っていませんか?

音楽家はお金にならないと思っていませんか?

その原因は

コンサートをしても

「お客さんが集まらないから」

コンクールで賞を取らないと

「振り向いてくれないから」

そんな風に思っていませんか?

​そう思っているとしたら大きな間違いです。

コンクールで賞を

もらっただけでは

集まらない

コンサートにたくさんの観客が集まる演奏家とはどんな演奏家でしょうか?

コンクールで賞を取った演奏家?

有名音楽大学を卒業した演奏家?

それとも留学してきた演奏家?

確かにそういう演奏家も観客は最初は集まるでしょう。

ただ生涯、ずっと集まるかどうかといえば疑問です。

だいたいですが世界のコンクールはネットに出るようなコンクールだけでも

大小含めて500以上あります。

日本に限って言えば

ざっと数えただけでも100は超えています。

そのコンクールに優勝や入賞したからといって

果たしてどのくらいの演奏家が活躍しているでしょうか?

更に言えば、コンクールで賞を取っていない演奏家が

ホールを満杯にしているケースもあります

​またスポンサーがついて優雅な生活をしている

ケースもあります

ですから必ずしもコンクールで賞をもらったからと言って

​観客を魅了する演奏家とは言えないのです。

演奏家として稼ぐ意味

演奏家として稼ぐ意味を

あなたはきちんと理解していますか?

稼ぐ=お金を頂くことに抵抗を感じていませんか?

もしそう感じていたとしたら

それは稼ぐ意味をしっかりと理解していません。

だから稼げないとも言えます。

日本人はお金を直接頂くことに

抵抗がある人が多くいます。

それは日本人に代々伝わってきた感覚ですが、

そのままでは今後も稼ぐこと自体ができなくなってしまいます。

俺を払拭することが成功する演奏家としての道を

​進む一歩となります。

【惹きつけ力で成功へ~愛され演奏家メソッド】

5つのステップ

無料メルマガは

演奏家にとっての使命とは

演奏家にとっての

使命とは何でしょうか?

「人に音楽を聴いてもらうこと」

確かにそうかもしれません。

しかし単に1回だけを聴いてもらっても次は?

次がなければ演奏家としては成り立ちません。

​次も聴いてもらってこそ、

成功する演奏家である

といっても過言ではありません

今のあなたで世界に通用する演奏家に

コンクールでタイトルを取るのは

もちろん構いません。​

ただそれは一番の重要なことではありません。

​今のあなたでも十分に世界でも通用する才能があります。

​それにあなたは気が付いていないだけなのです。

演奏家として必要なのは

演奏家として必要なのは…

惹きつけ力

「次もあなたの演奏が聴きたい」と

思わせることです。

​そのためには演奏家として何が必要か

きちんと理解する必要があります。

​そしてはじめて演奏家としての成功への道が開けるのです。

そんな

【惹きつけ力で成功へ~愛され演奏家メソッド】

5つのステップ

無料メルマガをよんでみませんか?

​登録はこちら

20200817_172030.jpg

辻田いずみ

講師プロフィール

幼いころから両親がクラシック音楽好きだったため、

クラシック音楽のシャワーを毎日のように浴びる。

そして父が趣味で始めたピアノを弾くようになり、

やがて音楽の道へ。

国立音楽大学附属中学校、同附属音楽高等学校、同大学を卒業。

卒業後、音楽の癒しのパワーを研究すべく

桐朋学園大学にて音楽療法を学ぶ。

また趣味であったポプリづくりからアロマテラピーの存在を知り、

日本アロマテラピー協会(現・日本アロマ環境協会)の

アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を得て、

更にそこで知り合ったセラピストさんから

ラストーンセラピーの存在を知り、上級ラストーンセラピストの資格も得る。

現在はAEAJ(日本アロマ環境協会)認定の環境カオリスタ、

同協会認定のナチュラルビューティーセラピスト、

同協会認定アロマハンドセラピスト、

同協会認定アロマブレンドデザイナーだけでなく

勾玉セラピストの資格も持つ。

また児童福祉施設にて10年以上にわたっての音楽講師、

障害児サークルにおいての音楽療法、

老人ホームでの音楽講師やアロマセラピー講師なども経験する。

更には2度にわたってのスペインをはじめとする

ヨーロッパ放浪の旅を経験し、

日本人として、また国際人となるために何が必要かを実感する。

2008年~2016年まではジャンルを問わない音楽祭

「La Olla de la Música Fiesta」を開催し好評を得る。

2020年には日本人音楽家支援の一環として行った

作曲家の西山淑子さんのコンサート

「音楽と香りで綴る 金子みすゞとその時代コンサート」を企画、

クラウドファンディングにて成功する。

その他に老人ホームや病院などでのアロマテラピーを通じたボランティア、

​アロマテラピーやミュージックセラピーのイベント企画、

コンサート企画などピアノ故油脂を続けながら

多岐にわたって活動を続けている