top of page

病気でピアノが弾けないとき


生徒さんひとりひとりに

そのレッスンの進め方を日々考えている

アロマセラピストでもあり

ラストーンセラピストでもある

香りのピアノ教室の辻田いずみです。


風邪をひくと長引く私です。

でもすべてのことにポジティブ思考な私は 『ではこれから何を学ぶべきか』を 考えています。 (風邪予防は学びきれていない私(^^;)

具合が悪くて ピアノの前に座れない場合は 机の上や膝などの上で 指を動かしたり、 手指をほぐしたりします。

特に3、4、5の指や 利き手ではない方の指を 余分に動かすといいかなと思っています。

またスマホを操作する際に 3、4、5の指を使うのも 何もしないよりか良いでしょう。

しかしこれは応急処置のようなもので、 やはり実際に練習した方が良いですね。


『香りのピアノ教室』

『いずみ先生のひとりごと』

『香りのピアノ教室 無料メルマガ』

『アロマルーム「YURAGI」』

『音と香りのセッションセラピー』

『癒しの日々♪』

『アロマライフを楽しむ女性のための交流会 無料メルマガ』

『聴衆の3人に1人が名刺交換をしに来る!

人前で堂々と話して顧客を獲得する~200人の前でも緊張せずに話せる3つの方法』

『聴衆の3人に1人が名刺交換をしに来る!

人前で堂々と話して顧客を獲得する~200人の前でも緊張せずに話せる3つの方法~無料メルマガ』

『聴衆の3人に1人が名刺交換をしに来る!

人前で堂々と話して顧客を獲得する~200人の前でも緊張せずに話せる3つの方法~セミナー&説明会申し込み』

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page