父を歌った曲


#アロマ に包まれて #レッスン が受けられる

#アロマセラピスト#ラストーンセラピストでもある

#ピアノ教師 の辻田いずみです


本日は #父の日

母の日と比べると「何もしない」という方が多いそう。

…気の毒です…

パパも頑張っています…

ワタクシはもちろん何日も前からプレゼントを用意しています。

ただ毎回すごく悩みますが。


ところで父の日というと思い出すのがこの #曲

「グリーングリーン」です。

元々はアメリカのフォークグループが歌いました。

日本で知られている歌詞は片岡輝氏が全く違うものを付けたものです。

いろいろな意味合いがあるようですが、

歌詞を見る限り父親は不在。

永遠に会えないような状態だと思います。


そんな裏の事情を考えると

ちょっと切なくなりますね。


「グリーングリーン」

作曲;バリー・マクガイア&ランディスパークス

作詞;片岡輝


ある日パパと二人で 語り合ったさ

この世に生きる喜び そして悲しみのことを

グリーングリーン 青空には小鳥が歌い

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑が燃える


その時パパが言ったさ 僕を胸に抱き

辛く悲しい時にもラララ 泣くんじゃないと

グリーングリーン 青空にはそよ風吹いて

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑が揺れる


ある朝僕は目覚めて そして知ったさ

この世に辛い悲しいことが あるってことを

グリーングリーン 青空には雲が走り

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑が騒ぐ


あの時パパと約束したことを守った

拳をかため胸を張りラララ 僕は立ってた

グリーングリーン 瞼には涙あふれ

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑も濡れる


その朝パパは出掛けた 遠い旅路へ

二度と帰ってこないとラララ 僕にも分かった

グリーングリーン 青空には虹がかかり

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑がはえる


やがて月日が過ぎゆき 僕は知るだろう

パパの言ってた言葉のラララ ホントの意味を

グリーングリーン 青空には太陽笑い

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑が鮮やか


いつか僕も子供と語り合うだろう

この世に生きる喜び そして悲しみのことを

グリーングリーン 青空には霞たなびき

グリーングリーン 丘の上にはララ 緑が広がる


グリーングリーン…

0回の閲覧