災いを呼ぶ風?(風邪?)


#延べ18000人にピアノや音楽を教えてきた

#相模原市中央区東淵野辺(最寄駅;#古淵)にて

#香りのピアノ教室」を主宰し

#アロマセラピスト

#ラストーンセラピスト でもあり

#ピアノ講師 でもある辻󠄀田いずみです


9月末からずっと #風邪をひいていました(^^;

熱があっても仕事をしながらだったため

なかなか治らず。

ようやく体力が回復してきましたので

少しずつ復活したいと思います。


そんなことで

風邪から連想しての #ピアノ曲 紹介です。

それは…

#ドビュッシー の「#西風の見たもの

前奏曲集第1巻の第7番目の曲です。

荒々しい、そして吹きすさぶという感じの曲です。


西洋では西風=偏西風=季節風で

災いを呼ぶ風としています。

ちょうどこれから吹く風でしょうか。

寒さやそれこそ風邪の元?を運んでくるので

ということなのかと思います。


弾くときの注意は

パッセージや連打の音が

つぶれないようようにすることでしょうか。

ごまかして弾きがちですが

音がつぶれてしまうと

雰囲気もつぶれてしまうかもしれません。


今の季節に弾く曲をお悩みの方

チャレンジしてみてはいかがでしょう?

0回の閲覧