指使いの大切さ


#延べ18000人にピアノや音楽を教え

#相模原市中央区東淵野辺

(最寄駅;#古淵)にて

#香りのピアノ教室」を主宰し

#アロマセラピスト

#ラストーンセラピスト でもある

#ピアノ講師 でもある辻田いずみです。


#ピアノ を学んでいる人にとって

#指使い(#運指法)が面倒という方も

いらっしゃるかもしれません。


しかしある一定のルールをしっかりと覚えていくと

返って指使いがめちゃくちゃであるより

簡単に、そして #早く上達 します。


まずご自分の指をよく見てください。

長さがまちまちですよね。

特に一番下方にあるのが親指。

しかし一番遠くまで伸ばせるのも親指。


そして一番長いのが中指。

一番動かしやすいのが人差し指。


そんな特性を生かして

よく楽譜に書いてある指使いは

だいたい一般的にこうした方がいいという方法が

書かれています。


ただし人によって長さは違いますし

動かしやすい「順番」も異なるかもしれません。


その場合もピアノを自由自在に弾ける人ならともかく

怪しい場合は自分に合った運指法でも

毎回同じ指で弾くことが上達のポイントでもあります。


因みに動画はワタクシが試し弾きしたもの。

ワンフレーズを弾くのに

#楽譜通り だと5分くらいかかってしまいましたが

万遍なく指を動かしている感じがしました。


自在に弾ける方でも

脳トレを兼ねている方は

楽譜通りの方がいいかもしれません。