待っている間の生徒さん


#延べ延べ18000人

#ピアノ#音楽#教えてきた

#香りのピアノ教室」を

#相模原市中央区東淵野辺

(最寄駅;#古淵)にて主宰し

#アロマセラピスト

#ラストーンセラピスト でもあり

#ピアノ講師 でもある辻󠄀田いずみです


兄妹で習っている生徒さんがいます。

兄弟・姉妹などで

習いに来ている生徒さんは、

お互いがレッスンの時間には

持ってきている学校の宿題をしたり、

レッスンルームにおいてある本を読んだりなど

様々に過ごしています。


そのおいてある本の中に

折り紙の本と折り紙もありますが、

これは女の子に一番人気。


本を見ながら作っては持って帰ったり、

または自身のお母さんやワタクシにプレゼントしてくれたりします。


ワタクシも可愛い生徒さんが

せっかく作ってくれた作品は大事に取ってあります。


そこで一番最初に出てきた兄妹のお話。

先日本人はレッスンが終わり、

お兄ちゃんがレッスンしていていました。


その間に何なら折り紙を裂くような音は聞こえてきましたが、

レッスンの方にワタクシも集中していたので

何を作っているかは分かりませんでした。


レッスンが終わり「さあ、お片付けしましょう」と

声を掛けたところで

妹のMちゃんが「先生、あげる!」と言った作品が写真のもの。

ハンバーガーを作ってくれたようです。


赤はトマト?

黄色はチーズでしょうかね。

そしてキャベツは…千切り(?)に近い状態…

持つとパラパラとあちこちに飛び出してしまいます(^^;


仕方がないのでそうっと自室まで持ってきて、

スプレーのりでくっつけました。


でもだいたいハンバーガーにあるのってレタスじゃなかったっけ???

近頃ハンバーガーを食べていないのでどうだったかなぁと思っています…

(キャベツのところもある??それでも美味しいですよね)


子供の発想はおもしろいなぁと思う一面です。

折り紙でハンバーガーを作るという発想はなかなかないですよね。

はてさて、次はどんな作品を作ってくれるかしらね♪