作曲家・西山淑子さんインタビュー④

最終更新: 8月17日


生徒さんひとりひとりに

どういったレッスンをしたらいいか

日々考えている

AEAJ認定アロマセラピスト&

上級ラストーンセラピストで

延べ18000人に教えてきた

香りのピアノ教室講師の

辻田いずみです。



今回がインタビュー最終回!


いよいよ西山さんが

金子みすゞの詩と出会ったいきさつを

お話しいただきます。

辻田(以下T);ご主人と知り合ったのは?

西山さん(以下Nさん);(笑)

T;プライベートなことですが。

Nさん;今住んでる江古田。

 江古田でね、出くわしちゃったんですね。

T;ナンパですか!?

Nさん;ナンパじゃないですけど~。

 ある方にちょっと謀られて…

 うん、それで出会って

 それで一緒に暮らそうかという話になり~の、

 彼は江古田に住んでいたので…

T;グッドタイミングだったというか、縁があったんですね

Nさん;うん、まあそういう運命だったんでしょうね。


T;それで娘さんが2歳の頃に

 金子みすゞと出会ったという(ことでしたね)

 そのあたりのことをもう一度話していただいて。

Nさん;ええ、はい。

 私が娘を生んだのは1986年。

 その当時尚美の短大で週1回行く以外は

 ひたすら母をしていたんですよ。


 でも大学だけはね、辞めちゃうと寂しいし

 復帰するのもまた大変なんで。


 当時ね、年間で24回授業でしたからね。

 前期(と後期)12回ずつで。


 子供も預けていいだろ、と思って。

 (そうしながら)子育てしていたわけですよ。


 それで1988年、娘が2歳になるころに

 知り合いから

 「あなたもお母さんになったのだから

 童謡でも書いたらどうですか」って

 声を掛けられたんですね。


 それが金子みすゞの詩だったんですよ。


 金子みすゞは1982年にあの矢崎節夫さんが

 長年…16年(金子みすゞの詩を)探し続けて

 ようやく見つかって。


 それでみすゞの弟さんが

 みすゞの直筆の詩集を持っているということが分かって

 矢崎さんがその弟さんに会いに行ったのが

 1982年の6月20日だったんですね。


 それで矢崎さんはその詩集を全部借りることができて

 そこからみすゞの甦りが始まったんですよ。


 それまでみすゞが1930年に、昭和5年ですね、

 亡くなってからすっかり忘れ去られていたんですね。


 それで矢崎さんが発見して甦りが始まって

 それから6年経っていたんですよね。

 私が出会ったのはね。


 まだその頃誰も知らない人だったんですよね。

 金子みすゞってね。

T;そうですね。


Nさん;矢崎さんがご自分で童謡コンサートを企画して

 いろんなよく知られた童謡もやりつつ

 みすゞの詩も紹介したいということで

 矢崎さんがお友達に

 「曲を付けてくれる人いないかな」と相談したわけですね。


 その矢崎さんのお友達が私と親しかったものだから

 「お母さんになったから童謡でも書いたら」って声を掛けてくれて。

 そういう出会いなんです。


 それで私ももちろん金子みすゞなんて名前すら知らないから

 「童謡?うん、別に書いてもいいよ」なんて。


 それで矢崎さんから詩集が送られてきて

 それから作曲を始めたんですよ。


T;今何曲ぐらい(作曲したんですか)?

Nさん;少ないですよ。30何曲ぐらい。

 もっとドンドン書かなきゃいけないんだけれど

 なかなか(笑)


T;でもみすゞ(の詩)はホントに優しい詩ですものね。

Nさん;そうなんですよ。

 でもただ優しいだけじゃなくて、

 その中に人が生きていくのに一番大事なことをね

 うたっているという…

 そこがすごいなって。

 

 それで「この優しいのは何なの?何なの?」って

 非常に感動して、本当に驚きでしたね。


 娘にもこういう心を持たせたいなぁって思って

 書き始めて、ずっとずっと書き続けていると。


T;う~~ん、素晴らしい!

 それで去年でしたっけ?

 私も金子みすゞのコンサートに行かせていただいて

 ラストだってお聞きして

 「勿体ないですね」っていうことで

 (そうしたら)西山さんの方から

 (コンサートの企画を)やってみませんかって…

Nさん;ラストって?

T;バックアップしてくださる方が…

Nさん;ああ!「よしこを囲む会」ね。

 11年ほど続いたんですけれど

 みなさんくたびれちゃったかなと。

 

 10年も経つとみなさん、それぞれ環境も変わるし

 これ以上サポートしていくのは無理だと言うんで

 「じゃあ、もうやめましょう」って

 散会しちゃった


T;それで今回、秋に(コンサートを)することになりまして

 (西山さんも)快く引き受けてくださって。


 今回秋に向けて新たな試みですとか気持ちとか

 あると思うんですけれど


Nさん;ライブ配信ですよね。主にね。

 普通に生でやるのとどうなんだろうって。

 私も初めての経験なんで。


T;私も初めてなんです(笑)

 今は、コロナ(の影響)なので…

 2月か3月頃でしたかしらね?

 オンラインでやる方も増えてきて。


Nさん;なのでとてもいいことだなと思って。

 距離関係なく、全国の方に聴いていただけるっていう…

 

T;そうですね。 

 

Nさん;コロナがなければそういう発想をしなかったかもしれませんね。


実はコロナの前に

「ネット配信しませんか?」という

ご提案はさせていただいておりました(^^)

お忘れになっていたようです。

(忙しい方なので)


今後は8月26日予定でクラウドファンディングを始めます。

オンラインでの視聴や西山さんのピアノ譜、

金子みすゞをイメージしたアロマフレグランスの配布、

リアルでの視聴権、当日の様子のDVDプレゼント

などのリターンがあります


日本人なら日本の優しい、そして鋭い着眼点を持った詩と曲の

支援をしてみませんか?


詳しくは今後ホームページに載せていきます。


「音楽と香りで綴る 金子みすゞとその時代コンサート」

https://saipon.jp/h/misuzu_concert/


#古淵ピアノ教室#淵野辺ピアノ教室#相模原市ピアノ教室#古淵#淵野辺#アロマテラピー#録音サービス#ピアノ生徒#相模原市中央区#アロマセラピスト#オンラインレッスン #金子みすゞコンサート #オンラインコンサート #インタビュー #Facebookライブ #Youtube

『香りのピアノ教室』

https://www.piano-aroma.com/

『いずみ先生のひとりごと(アメーバブログ)』

https://ameblo.jp/aqua-springs/

『香りのピアノ教室 無料メルマガ』 https://17auto.biz/aromalife/touroku/sp/entryform4.htm

香りのピアノ教室in 古淵(Youtube)』

https://www.youtube.com/channel/UCVxf2knra3Y-SxAGcxk9yNA

『Tiktok』 tiktok.com/@izumitsujita

『音楽ダウンロード』 https://www.piano-aroma.com/sound

『音と香りでポジティブ生活~お試し版~』 https://17auto.biz/aromalife/touroku/sp/entryform7.htm

※お試し版は登録日の翌日から2回分お届けします

『辻田いずみ note』

https://note.com/piano_aroma

『理想のお客様が来る! サウンド×アロマのしあわせ引き寄せレッスン~無料メルマガ』 https://17auto.biz/aromalife/touroku/sp/entryform6.htm

『アロマルーム「YURAGI」』

https://aromalastone.wordpress.com/

『音と香りのセッションセラピー』

https://otoaroma.1net.jp/

『癒しの日々♪(ブログ)』

http://aquasprings.blog72.fc2.com/

『アロマライフを楽しむ女性のための交流会 無料メルマガ』 https://17auto.biz/aromalife/touroku/sp/entryform2.htm

2回の閲覧