サウンドスケープ~夏を感じる~

最終更新: 2019年8月2日


#延べ18000人

#ピアノ#音楽#教えてきた

#香りのピアノ教室」を

#相模原市中央区東淵野辺

(最寄駅;#古淵)にて主宰し

#アロマセラピスト

#ラストーンセラピスト でもあり

#ピアノ講師 でもある辻󠄀田いずみです


昨日、ようやくミンミンゼミと

アブラゼミの声を聞きました。

(正確には声ではありません。

羽を擦りあせて音を出します

ヴァイオリンのような感じ)


今まで夏とは言うものの、

気温も低かったせいかもしれません。


大体の蝉は25℃以上で鳴き始めます。

ついでながら、嫌われもののGもそれくらいの温度で出没します。

(文字も書きたくないです(^^;)


またシャワシャワと非常にうるさいセミ、

クマゼミは30℃以上になると鳴き始めると言われています。

ただ、ワタクシの感覚だと35℃以上が続くと鳴く気がします。


調べてみると、蝉はカメムシ目。

あのちょっと気持ち悪い見た目はそういうことか、と納得です。


セミ談義で終わってしまいましたが、

つまりは夏の風物詩でもある蝉の声もいろいろなので、

サウンドスケープを楽しんで欲しいとそういうことでした(^^;)))


※サウンドスケープとは、

サウンド=音、スケープ=風景を組み合わせた造語。

日本語ではそのまま「音の風景」としています。

カナダのマリー・シェーファーが提唱した

環境を取り巻く音に敏感になることでもあります。


~夏を涼しく過ごすための精油~

ペパーミント、スペアミント、ハッカ、

ユーカリ、レモン、ライムなど

※精油は必ず希釈して使用してください