top of page

コンサートの演奏曲説明②


いつもお世話になっているホール主催の

ウクライナ支援の

チャリティーコンサートに

出演することになりました。


◆第三回 ウクライナの平和を祈る

 チャリティーコンサート◆


日時;2022年6月12日(日)13時~

場所;フェリーチェ幸

 横浜線矢部駅より徒歩5分

出演;福島成美

   松岡雅子

   前田由紀子

   辻󠄀田いずみ

曲;プロコフィエフ、ラフマニノフ、

  ショパン、ドビュッシー など

観覧料;500円

チケット申し込み;

①辻田と面識ある方は私へ連絡

②①以外の方はフェリーチェ幸へ問い合わせしてください


尚、収益はまとめてウクライナ大使館へ寄付し

その領収書をフェリーチェ幸さんのサイトで

公開するそうです


さて、今回ワタクシが演奏する曲は4曲です。


その解説を今後少しずつしていきます。


最初の曲はショパンの「雨だれ」です。


ショパンがこの曲を作った経緯はこうです。


当時、彼の恋人であった

女流作家のジョルジュ・サンドは

恋から恋へと蝶のように舞う話題の女性。


肉食系のサンドと草食系ショパンのカップルは

パリの社交界ではスキャンダラスに噂されました。


そしてショパンは体も弱く

それらの騒ぎに耐えられないと

サンドの勧めでスペインのマジョルカ島へ

長期の旅行へ出かけるのです。


しかし到着直後に死の淵をさまようほどに。


そんなある日、サンドは買い物へ出かけます。

そして彼女が帰宅すると、

「雨だれ」を作曲し、弾いているショパンがいました。



ですからこの曲は

雨脚が強くなり、雷雨となるも

晴れ間が見えてくる情景だけではなく

死期を感じるほどの苦痛を経験し

生ある道へ帰還したともとらえられる曲なのです。



 


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page