ギタリストがピアノを弾くときは

最終更新: 2018年6月11日


#アロマ に包まれて #レッスン が受けられる

#アロマセラピスト#ラストーンセラピスト でもある

#ピアノ講師 の辻田いずみです。


生徒のUさんはバンド活動、

特に #ギター を長年演奏していらっしゃいます。

そのUさんのレッスンをしていて

いつも思っていたのが

「やっぱり #ギタリスト さんだなぁ」ということ。


弦を抑える左手の形が写真の右上のような状態。

(写真自体はワタクシの手です…あまりきれいじゃないなぁ)

ピアノを弾いていても弦を抑えるような形になっています。


この状態だと第3関節辺りに力が入りすぎ

ピアノの場合は思うように指が動きにくいです。

左のように第3関節を顕わにすると余計な力が入りにくいです。


また親指が人差し指側にくっつきすぎ

指の伸び縮みがコントロールしにくいのも特徴。

これに関してはあらゆる生徒さんにも共通しますので

気を付けて頂きたいです。


利き手によっては右手の方もいらっしゃいますが

ギタリストさんでピアノを弾く方は

いつもギターで弦を抑える方の手に注意してください。