ブログで好評だったためピアノを演奏する際の

手指の形、脱力の仕方、ケアなどの一部+加筆した記事をこちらでアップします

演奏時の手と手首の形

まずは手首から。

ワタクシも小学生の頃はそうでしたが

ピアノを弾く際に手首が下がってしまっている生徒さんが多いです。

これは注意していてもなかなか直りません。

(実際私自身もそうでした!)

 

これも日々の練習=「慣れ」が大事です。

ではなぜそうなってしまうのか。

理由はたくさんあると思いますが

自分の場合はその時は「楽だったから」

 

ホントは手首を挙げて

正しい形の方が楽なのですが

どこか違うところに力が入っていると

それが楽になってしまうのだと思います。

 

私のレッスンでは

「うらめしや~とちょっとお化けになったつもりでね」と

手首を上げさせてそれから鍵盤に手を乗せさせています。

演奏時の手と指の形

 

次は指。

 

ピアノを弾く際の

指(手)の形はアーチ型でと

ピアノの先生にはよく言われると思います。

 

アーチはアーチですが全部の指に意識できないときは

親指と人差し指を取り敢えず意識してみてください。

 

親指は第1関節を少し曲げておくこと。

(第1関節は爪のすぐそばの関節)

人差し指は第3関節を尖らせるようにし

第1と第2関節は緩やかに曲げます。

これを意識すれば

普通はアーチ型が出来ます。

(写真参照。分かりやすくちょっと大げさ目です。

白魚のような手でなくて申し訳ない)

 

そしてそのまま

手を鍵盤の上に置いて

指が当たる箇所で弾きます。

それ以外の場所で弾くと

やはり手の形が崩れます。

指の動かし方

 

まずほとんどの方で気になるのは親指。

形はもちろんですが、親指は第2関節からと

思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

 

実際に動いているのは手首の付け根から。

そのため大きく動かせるのに

小さくしか動いていない人が多いです。

 

親指がしっかり動かせるだけで演奏がだいぶ違ってきます。

 

それから他の指は上記ように

アーチ型の形を作って鍵盤に置き、

触れる箇所が正しい指のタッチ面。

それ以外で弾いていると手の重心がぶれて

変な力が入るはずです。

 

また弾いている指以外の指は

なるべく鍵盤から遠く離すこと。

普段からそうすることで

より指を動かす訓練になり早いパッセージなどが

弾きこなせるようになってきます。

  演奏時の肩~指までの形や脱力の仕方